アメリカンプレス登場!コーヒーの新しい抽出方法「AMERICAN PRESS」を、お店で試してみてください。

フレンチプレスでもなく、エアロプレスでもない新しいコーヒーの抽出方法が誕生した模様。
それが、AMERICAN PRESS(アメリカンプレス)!
さっそく導入してみました。

フレンチプレスに比べ抽出時間が短く、洗浄が楽というのがアメリカンプレスの特徴。
また圧力をかけて抽出する点も、フレンチプレスとは違いますね。

 

アメリカンプレスの使い方

使い方は簡単で、大きく3つのステップ。

コーヒーの粉とお湯をセットする。

押して圧力をかけながら抽出する。

そのままカップに注いで出来上がり!

です。

100ミクロンの極細スチール製フィルターは何度も使えるのでエコ。
また、ポッドにコーヒーの粉が溜まったままなのでお手入れが楽。

透明なお湯が圧力をかけられることで粉の入ったポッドを通り、コーヒーになって湧き出すのは見ていて楽しいですね。

味の決め手のポイントは、抽出にかける時間です。
どれくらいの圧力をかけて、何分で抽出するのかによって味わいに大きく変化がでてきます。
お好みに合わせて、ベストな時間を見つけていただいたらいいかと思うのですが、店頭では、30秒蒸らし2分30秒かけて抽出するようにしています。

 

アメリカンプレスで淹れたコーヒーの味は

圧力をかけて抽出するので、しっかりとしたコーヒーになります。
また、金属フィルターなのでコーヒーそのままの味や香り楽しむことが出来ます。
コーヒーに含まれる油分も余すこと無くそのまま抽出されるので、素材本来の味わいですね。
ペーパーフィルターを使ったハッドドリップでは、この油分がフィルターに吸着されるので、クリアな味わいになるがメリットでもあるのですが、しっかりとしたコーヒーがお好みの場合は、このような金属フィルターを使った抽出方法がおすすめです。

エスプレッソほど濃くなく、フィルターのドリップよりもしっかりと。
ハンドドリップでゆっくり濃い目に抽出するコーヒーがお好きな人にはお薦めですね。

なお、コーヒーの味がそのまま抽出されるので良質なコーヒー豆、新鮮なコーヒー豆を使うことを強くおすすめします。

というのも、マズい豆を使うとマズい味が、もろに出てしまうからです。

 

また、コーヒー以外にも紅茶やハーブティーなども抽出できるようです。

 

フレンチプレスや他の抽出方法と比較して良い点、悪い点

浸漬式のフレンチプレスは、粉にお湯を注いで4〜5分。
アメリカンプレスは圧力をかけて抽出するので2分半〜3分。
抽出時間が早いのは良い点ですね。

繰り返し使える金属フィルターは、ペーパーフィルターに比べるとエコ。
環境にやさしいコーヒーツールというのも良い点。
それに、ペーパーを買い忘れてコーヒーが淹れられないということはありませんね。

また、アメリカンプレスの金属フィルターは100ミクロンの極細スチール製だから粉を通しにくいです。フレンチプレスによくあるザラッと粉が舌に残ることもありません。

フレンチプレスだとポット(カラフ)の底に粉が残ってしまい洗うのが大変という声もあり、産まれたのがアメリカンプレス。ポッドにコーヒーの粉が貯まるのでお手入れは楽です。そのままゴミ箱へ捨てることもでき、簡単です。
とはいえ、やはり多少ポッド内部に粉が残るので、ペーパーフィルターに比べるとちょっと面倒な点も。

カラフェは2重構造になっており、熱湯を入れて熱々のコーヒーを作って手に持っても熱くないです。
しかし、カラフェ底の方は手が届かないので少し洗いにくいというのも。ただ、フレンチプレスに比べ粉が底に無いのは救いですが。

そして、抽出時間をきちっと計れば、安定した味を出せるのも良い点です。
味のブレは少ないです。

 

まずは一度、店頭でお試しを

ご興味を持った方は是非、店頭でお試しください。
お淹れすることもできますし、自分で触って淹れていただくこともOKです。
お気軽にスタッフにお申し付けください。

 

アメリカンプレスは店頭でもネットでも販売しています

アメリカンプレス本体も販売しています。
12,960円(税込)

オンラインショップはこちら。
Aoi Coffee公式オンラインショップ